文化の座屈

今の時点では備忘録的なものだけ。

EOS 5Ds/DsRも、Otusも、実は写真「文化」という切り口で考えた時に、必ずしもいい方向に向かってる要素だけじゃないんじゃないか?!。性能の向上による負の側面のお話。上だけを見て地に足をつかなくなった製品群と単なる安物の両極化は、望みを絶たれ諦める人を続発させ、それは文化を根っこから腐らす危険性を持っている。

今一度手の届くところをきっちりやらないと…と言わないと、実は取り返しの付かないことになったりしてな…と思うわけです。貧乏人は粟でも食ってろ…じゃだめなんだ。

本当にユーザーが望んでいるのは、時代が変われど「手の届く範囲での最善」なんじゃないか?!と。そしてその「手の届く範囲」というのは、大概は可処分所得の最頻値に連動しているし、それはこの10年やらの間にどう変動したっけ?!と考えるとどんどん脆弱な方向に行ってるんじゃないかという危惧。ある種絶滅寸前の恐竜状態ですらあるような気もする。

最高の写真は最高の描写から生み出されることはままあっても、その逆なまた真なりとはいえないのが写真。それこそ「写ルンです」から映しだされたそれで呆然としたことあったんじゃないのか?!と。

まぁ、買える人にゃどうぞとしか言えないんだけど、買えない人までそれを指くわえて見る必要はない。むしろ別の方法を考えて柔よく剛を制するんだと日々鍛錬するほうがよっぽど健康的ですらある。

だからシグマのアートラインは(全部じゃないだろうけど)常に品薄が続くという状態には、写真「機」業界に対する、そういうサイレントマジョリティのメッセージがあるのかもしれないですな。

…とそんな感じのことを書こうとしています。

どんどん入れたい要素が膨らんで、既にカオスではあるが(を。

Bookmark the permalink.

Comments are closed